同じWiMAXでも3年分の料金に差が出る?知っておきたいお得なプロバイダ

まず知っておいてほしいのは、WiMAXは『UQ コミュニケーションズ』という会社がサービス提供を行っているが、プロバイダといわれる全26社の代理店によって、料金が違うということです。

この契約するプロバイダによって、大きく料金の差が出てきてしまいます。自分に合ったプロバイダを見つけることで、より一層インターネットを有効活用できるようになるでしょう。

しかし、全26社あるプロバイダを一社、一社調べて比較していくのは骨が折れますよね?

そこで料金、特典内容、特典リスク、発送の速さ、サポート対応、口コミの速さ、これらを比較の基準として発表された総合ランキング上位3社のプロバイダを見ていきましょう。

総合ランキング第1位! BroadWiMAX

BroadWiMAXは初期費用18,857円やLTEオプション利用料が無料、最短即日発送、他社WiMAXからの乗り換え違約金負担、乗り換えも指定他回線なら違約金0円、解約もネットから可能といった数多くのサービスが受けられます。

三年契約での平均月額料3,378円です。

BroadWiMAXの料金や口コミ詳細

総合ランキング第2位! JP WiMAX

JP WiMAXは3年契約で平均月額料金が3,465円と月額料金が最安級で、月額料金割引が3年間続きます。また2019年7月現在、Amazonギフト券がもらえるキャッシュバックのキャンペーンを行っております。

JP WiMAXは世界規模の大会社が日本支部としているフォンジャパン当会社が代理販売しているので、安心してお得という2点では他のプロバイダと比べ頭人一つ抜けているでしょう。

総合ランキング第3位! GMOとくとくBB

GMOとくとくBBは最大31,600円と高額なキャッシュバッグが狙えます。しかし、受け取りは約1年後で、多くの方は受け取れていないということです。

毎月プランの変更が可能で、使う月、使わない月に合わせて何度でも変更が可能で、変更には手数料がかかりません。平均月額料金は3,448円です。

同じWiMAXでも、プロバイダにより月額料金、サービス、キャンペーンなど違い見られましたね。自分の納得できるプロバイダと契約し、皆さんお得で使い勝手の良いインターネット環境に身を置きましょう。