早く脱毛を終わらせたいなら医療脱毛のレーザー脱毛

医療脱毛は医療扱いとなり、エステサロンではすることができない脱毛のことを言います。

レーザー脱毛で使っている機械はエステサロンのものとはタイプが違って、力が強いタイプのものになります。一度にあてる照射量が大きいですので、毛の抜けが早く、一度に抜ける毛の量も多くなります。

一般的に脱毛は毛周期に合わせて脱毛をしていきますので、きちんと毛が抜けると再度生える場合はまた生えてくるのも早くなり、脱毛をしやすい環境が整いやすくなります。

病院に通うペースもエステサロンより早くなってきますので、脱毛もしやすくなってきます。脱毛をプロにしてもらいたいとき、ある程度時間を見ておく人がほとんどですが、やはり早く抜けてしまったほうが、通う手間も時間も無くなって楽になります。

早くキレイに抜いてしまいたいときは、エステサロンの光脱毛より、医療脱毛が向いていることになります。

気になる脱毛の後肌のお手入れとは

照射量が多くなってくると、肌に負担がかかるのが心配という人もいますが、そこまで心配することは起こりません。

ただ、自分の肌が極端に弱いと感じている場合は、注意が必要になってきます。脱毛によってダメージを受けて乾燥してしまった肌をきちんと保湿したり、炎症を抑えるために冷やすこと、日焼けをしないように防止したり、負担がかからないように洗うときにゴシゴシこすらないようにして、肌荒れを起こらないようにしていきます。

これらのことは、通常の脱毛しているときにもおこなうことはありますので、特別にレーザー脱毛だからしないといけない、というわけではなく、普段の自分の肌を守るために必要なことです。

医療脱毛だからこそのメリット

たとえ強い照射で脱毛をして肌にトラブルが起きたとしても、脱毛をしてもらっている病院に診察にかかることでトラブルは最小限に防ぐことができます。

また普段のケアへのアドバイスや、脱毛の後の注意点など、直接聞いたり長期的に診てもらうこともできますので、脱毛へのトラブルは必要以上に心配する必要はありません。

エステサロンで脱毛のトラブルが合った場合、自分で皮膚科などの病院を探さないといけませんので、医療脱毛ですとその手間はなくなってきます。

身近に相談することができる人がいることは安心ですし、安心して脱毛のお手入れに入ることができます。

特に自分が敏感肌などトラブルの可能性を感じている場合は、逆に医療脱毛の方が安心ともいえます。